« U-14朝日スポーツキッズ杯 3日目 | トップページ | 10月4日(火)・5日(水) 日程 »

2011年8月24日 (水)

Keramik-Cup Japan 2011(U-16) 準決勝リーグ

来年1月にドイツで行われる本大会の出場権をかけて、”Keramik-Cup Japan 2011”の準決勝リーグに出場しました。壁あり5人制サッカーで、12分1本勝負です。ドイツ語では”ハーレンフースバル(直訳すると室内サッカー)”と言う競技です。

2011年1月に行われたドイツ本大会の様子はこちら

<準決勝リーグ>

フッチ 3-4 前橋育英高校
得点(アシスト):柳澤、瀬川、須浜(竹内真)

フッチ 4-2 1.FC川越水上公園
得点(アシスト):須浜(小山)、伊達、竹内聡、小山

P1060889
<1.FC川越水上公園戦>

フッチ 8-2 成立学園
得点(アシスト):竹内聡、竹内聡(柳澤)、石井洋(伊達)、伊達(荒井)、飯田(小山)、伊達(小山)、小山(柳澤)、瀬川(竹内聡)

フッチ 2-1 武南高校
得点(アシスト):須浜(荒井)、須浜(瀬川)

P1060891
<ゴール裏で試合観戦>

フッチ 3-2 横河武蔵野FC
得点(アシスト):荒井、柳澤、石井洋(瀬川)

初戦を落としたものの、強豪相手にひるむことなくそのあとの接戦に勝つことができました。4勝1敗でまさかの1位通過。決勝リーグ進出が決定しました。応援ありがとうございました!!

P1060900
<インタビューに答える須浜選手(14)>

準決勝リーグから会場に実況アナウンサーがつき、インターネットサイトの”ニコニコ動画”でも大会が生中継されていました。最も視聴者の印象に残ったプレーヤーはフッチの須浜選手。接戦で貴重なゴールを決めました。

「普通でした。決勝リーグは無失点で、最低でも5得点します」

P1060898
<インタビューに答える井出選手(2)>

「フッチのチーム力が結果につながったと思います」

P1060897
<一発芸を披露する柳澤(ティラノ澤)選手(11)>

得点、アシストをし決勝リーグ進出に貢献した柳澤選手。残念ながら一発芸は予選落ち。

決勝リーグは、8月26日(金)9時から、川越水上公園で行われます。”ニコニコ動画”でも生中継され、解説は元日本代表・鹿島アントラーズの名良橋晃さんです。出場チームは、フッチ、武南高校、横河武蔵野FC、ヴェルディ東京、柏レイソル、関東第一高校です。優勝チームが、来年1月に日本代表としてドイツ本大会に招待されます。Viel Glück & Spaß

by コーチ土屋

|

« U-14朝日スポーツキッズ杯 3日目 | トップページ | 10月4日(火)・5日(水) 日程 »

Fute U-15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keramik-Cup Japan 2011(U-16) 準決勝リーグ:

« U-14朝日スポーツキッズ杯 3日目 | トップページ | 10月4日(火)・5日(水) 日程 »